Yahoo・Googleで上位表示をするSEO対策とリスティング・インターネット広告の違い

SEO対策 トップページへ
SEOと広告の違い

SEO対策 SEOplus HOME > SEOと広告の違い

SEOと広告の違い

SEO・・・

SEO対策は効率のよいマーケティング手法です。ほしい商品がどこのお店で売られているのかを探す場合、 検索エンジンを利用して的確に目的の商品を探しています。Yahoo!japan・Googleでの検索が多いことが証明されています。

Yahoo!の検索結果 Googleの検索結果

広告との違い

広告ではクリックされるたびに料金が課金され、キーワードによっては1クリック 100円、150円、 300円近くまたは、500円以上の課金がされるものもたくさんあります。 広告を使うのも上位表示されるまではマーケティングのひとつの選択ですが、クリックされるたびに高額な料金を払い続けなければいけません。定額料金で出来るだけ早くSEO対策をして、課金がない上位表示を達成することが効率のよいマーケティング手法だと思います。

SEO対策

ホームページを作成していても、お客様が目的の商品を検索して表示されないか、 あるいは 2ページ目以降に表示されてもほとんど効果はありません。 有望な見込みのお客様を獲得する上で、適切なSEO対策によって上位表示が出来れば多くのお客様に見てもらうことが出来、 アクセス数も大幅に増えます。また、検索をした商品に興味を持つ潜在顧客のアクセスが増え、売り上げにも大きく直結するでしょう。

キーワードの選定

SEO対策をするときにキーワードの希望をお聞きし、お客様のホームページに訪れる見込み客の絞込みに最適なキーワードをお調べしてお客様に選定させていただきます。 例えば「不動産」というキーワードは不動産を購入したい場合もあれば売りたい場合、ただ単に意味を知りたい場合など様々に考えられます。 アクセスしてもらっても何の目的かが分かりません。 そこで 2語以上のキーフレーズにする事や地域名を入れることで効果的なキーワードとなりお客様のサイトに有望顧客を誘導できるようになります。もちろん不動産のキーワードでも対策は可能ですが費用対効果を考えるとおススメできるキーワードではありません。

例:不動産売買 東京・不動産販売 大阪・不動産買取 東京・不動産査定 大阪など。